Netflixシリーズ【Emily in Paris(エミリー、パリへ行く)シーズン2】BTSのDynamite(ダイナマイト)を含むミンディのカバー曲

エミリー、パリへ行く

2021年12月22日(水)の待望のEmily in Paris(エミリー、パリへ行く)シーズン2がリリースされました。
シーズン2では、エミリーの大親友のミンディがBTSのDynamite(ダイナマイト)を含めた、多くの楽曲を高い歌唱力でカバーしていたのが印象的でした。

ミンディ役のアシュリー・パークさんは、Broadwayの経験もありとても歌がお上手です。
アシュリー・パークさんについては、こちら

本記事では、BTSのDynamiteを含む、ミンディがカバーした全6曲とBTSメンバーからのリアクションについてもまとめています。

スポンサーリンク

1.BTSのDynamite(ダイナマイト)

出典元:Netflix

シーズン2のミンディは、父親から疎外されながらも、自分が好きな歌の道を進もうと奮闘しています。ナイトクラブで、ダムピピ(トイレのコインをもらう係のこと)の仕事をする見返りに、自分の歌を披露するステージに立っています。

第1話では、ナイトクラブでBTSのDynamite(ダイナマイト)のカバーを披露しています。
歌唱力が非常に高く、とても素晴らしかったです👏

これに対して、BTSのRM(キム・ナムジュン)とV(キム・テヒョン)もInstagramでリアクションをしていました。BTSのRMは、12月24日(金)にInstagramのストーリーで動画を”WOW”という言葉と共にシェアしています。

それに対して、ミンディ役のアシュリー・パークさんもTwitterで、”正直、まだハイな気分です。RMの笑い声とハーッが私のピークでした“とリアクションをしています笑(シェアした動画には、RMの笑い声と曲にあわせたハーッが入っています)

さらにBTSのVも、12月28日(火)にInstagramにカバー曲のシーンの動画をシェアしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

V(@thv)がシェアした投稿

その投稿に対して、Emily in Parisの公式Instagramでもは、”We’RE IN THE STARS TONIGHT”と下記のストーリーを投稿しました。

また、ミンディ役のアシュリー・パークさんもInstagramでストーリーを投稿しました。

Vogueのインタビューでは、アシュリー・パークさんは、K-POPをやりたいと思っていたので、まさかNetflixがBTSのDynamiteの曲の権利を得たことが信じられなかったとも語っています。
Netflixさすがですね👏笑

📍実際のオリジナル曲📍

2.SoleGiménezのJe Ne Veux Pas Traveler

ミンディの歌唱力をみた2人からバンドメンバーに誘われます。
初めてのバンドとしてのライブは、路上ライブでした。
第4話で披露しているのが、Eric CarmenさんのAll By My Selfという曲です。
パリの路上ライブは、とても絵になりますよね。


第5話でも、セーヌ川を背景に同じ曲を路上ライブで披露しています。

📍実際のオリジナル曲📍

スポンサーリンク

3.Eric CarmenのAll By My Self

第4話の初の路上ライブの2曲目は、Eric Carmenさんの「All By My Self」です。
超有名曲なので、ご存知の方も多いかと思います。
ミンディがパントマイムをしている人たちに客をとられるといらいらしていましたが、結果ミンディの圧倒的歌唱力に観客も魅了されていましたね。

📍実際のオリジナル曲📍

4.Carol ChanningのDiamonds Are a Girls Best Friend


第5話では、エミリーのマーケティングイベントでもある船上パーティで披露していた曲が、Carol Channingさんの「Are a Girls Best Friend」という曲でした。
素敵な雰囲気とステージに魅了されました。

📍実際のオリジナル曲📍

スポンサーリンク

5.Glen Hansard and Marketa IrglovaのFalling Slowly from Once

船上パーティの最後に、バンドメンバーの1人でもあるブノワのことをゲイだと思っていたが、実はミンディのことが好きということが発覚しました。同じく第5話での、路上ライブで披露していたデュエット曲は、Glen Hansard and Marketa Irglovaの「Falling Slowly from Once」という曲でした。
2人のハーモニーがとても素敵でしたね。

📍実際のオリジナル曲📍

6.オリジナル曲Mon Soleil(モンソレイユ)

最後の第10話では、ミンディの過去の噂が広まってしまい不安になりながらも、ベルヴィルの中華レストランでブノワが作曲した曲をデュエットしていました。

こちらは、ミンディ役のアシュリー・パークさんと友人のグラミー賞の作詞作曲家であるフレディ・ウェクスラーさんとが共同で作詞をした、オリジナル曲「モンソレイユ」(直訳:私の太陽)という曲でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emily In Paris(@emilyinparis)がシェアした投稿

歌詞が本当に素晴らしくて泣いてしまいました😭

📍フルバージョンは、こちらから📍

いかがでしたでしょうか。
ミンディ役のアシュリー・パークさんは、とても歌がお上手で、素敵な曲がたくさんありましたよね。これらのカバー楽曲のいくつかは、2021年12月31日に発売されたサウンドトラックにも含まれています💖

Amazon Music - ヴァリアス・アーティストのEmily in Paris (Soundtrack from the Netflix Series) - Amazon.co.jp
Amazon Musicでヴァリアス・アーティストのEmily in Paris (Soundtrack from the Netflix Series) をチェック。Amazon.co.jpにてストリーミング、CD、またはダウンロードでお楽しみください。
最後まで記事を読んでくださってありがとうございます!
少しでも「よかったよ!」と思ってくださった方がいらっしゃればぽちっとおしていただけると
励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました